1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. クリフハンガー
  4. スタローンを復活させた『クリフハンガー』大ヒットの裏側とは
スタローンを復活させた『クリフハンガー』大ヒットの裏側とは

スタローンを復活させた『クリフハンガー』大ヒットの裏側とは

Index


スタローンの新たな挑戦



 20年ほど前、筆者はロサンゼルスのメルローズにあったイタリアンなカフェレストランでスタローンとランチをする機会に恵まれ、彼の趣味だったビデオゲームの話を中心に、食事しながら雑談形式でお話を伺ったことがある。海外では映画のプロモーションを兼ねてメディアミックスでゲーム化された『クリフハンガー』の話題を出した時に、悲しそうなことを言っていたのがとても印象的だった。


 スタローンは言った。「東宝東和には『ランボー』(82)の頃から日本で一番俺のことを面倒みてくれて売り出してくれた恩があった。確か『ランボー』の三作目で来日した時だったか、隅田川を走る屋形船の中で俺の歓迎パーティーも開いてくれてね、あの小さな船で東京の街並みを眺めながらみんなで乾杯した思い出は一生忘れられない体験だったんだ。


 しかし、それ以降、俺の主演作は中々ヒットに恵まれなかったこともあったので、他の映画会社すら日本へ呼んでくれなくなった。俺の人気が下降すると共にアーノルド(シュワルツェネッガーのこと)の人気が上昇し、アクションスターとしてのポジションが完全に奪われた形となった。アーノルドとは友人でもあったが、あの頃はお互い意識していて良きライバルでもあったので結果が全てだったし、俺はそれを受け入れることにした。




 カロルコ・ピクチャーズの作品で『ターミネーター2』(91)を観た時の悔しさから”俺はこのままでは死ねない。もう一度アクションスターに返り咲いてやる!”とプロデューサーのマリオ・カサールたちには息巻いていたこともあり、『クリフハンガー』の話が来た時は本当に高いところが苦手な高所恐怖症だったけども、死ぬ気で主役を張ると決めたんだよ(苦笑)」



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

新着うんちく

NEWS / 特集

人気うんちく

上映中のおすすめ作品

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. クリフハンガー
  4. スタローンを復活させた『クリフハンガー』大ヒットの裏側とは