1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ダンケルク
  4. 『ダンケルク』演技の才能を開眼させた人気ミュージシャン、その後のキャリアを考えさせる
『ダンケルク』演技の才能を開眼させた人気ミュージシャン、その後のキャリアを考えさせる

『ダンケルク』演技の才能を開眼させた人気ミュージシャン、その後のキャリアを考えさせる


Index


    新鮮な顔で実現した“ワンダイ”ハリーの出演



     「若い兵士たちの視線で観客が物語を追体験できるように、新鮮な顔ぶれを求めた」。


     クリストファー・ノーラン監督のこのコメントが、『ダンケルク』のキャスティングの指針を示している。ケネス・ブラナー、オスカー俳優のマーク・ライランス、ノーラン監督の常連であるトム・ハーディやキリアン・マーフィといったビッグネームも出演しているが、敵軍の包囲網から「脱出する」という作品の軸を任されるのは、フレッシュなキャストたちとなった。


     しかし、兵士役の中には、スクリーンで観るのは初めてでも、なじみ深い顔も含まれている。ハリー・スタイルズだ。いわずと知れた、ワン・ダイレクションのメンバーである。『ダンケルク』は、そのハリーの俳優デビュー作。演じたのは、兵士アレックス役。ストーリーの中心となる兵士のトミーと合流し、運命を共にする役どころだ。


     もしワン・ダイレクションの存在を知らない人が『ダンケルク』を観たら、新人スターの鮮やかな出現を目撃することになるだろう。それくらいハリー・スタイルズは、人気ミュージシャンとしてのカリスマ性を封印したかのように、役になりきっている。とくに海岸でトミーと並んで座り、自分たちが恐らく逃げ切れないだろう絶望感に包まれながら、その一瞬の安らぎの時間を満喫するという複雑なシーンでの彼の表情は忘れがたい。


     映画初出演にもかかわらず、自然に役になりきれた理由について、ハリー・スタイルズは次のように語っている。「クリス(クリストファー・ノーラン)はテイク数が少ない。そして役のバックグラウンドをあまり説明しない。だからアレックス役のその時点の心境を自分なりに考えて撮影に臨むことになる。その結果、相手の俳優との相互作用が自然なものになった」。


     監督の演出スタイルが、ハリー・スタイルズの演技の才能を自主的にめざめさせることになり、彼にとって映画デビューは最良のかたちとなった。


     このようにミュージシャンから俳優への転身がうまくいったパターンは、じつに多い。



    PAGES

    この記事をシェア

    公式SNSをフォロー

    関連する商品

    • ミュージシャンが演技に挑んたケース1:エミネム『8mile』
    • ミュージシャンが演技に挑んたケース2:ビョーク『ダンサー・イン・ザ・ダーク』※トラウマ必死のため閲覧注意!
    • ミュージシャンが演技に挑んたケース3:ジャスティン・ティンバーレイク『ソーシャル・ネットワーク』
    counter
    1. CINEMORE(シネモア)
    2. 映画
    3. ダンケルク
    4. 『ダンケルク』演技の才能を開眼させた人気ミュージシャン、その後のキャリアを考えさせる