1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ターミネーター
  4. 『ターミネーター』はなぜ古びない?時代を超越する「恐怖」と「構成力」
『ターミネーター』はなぜ古びない?時代を超越する「恐怖」と「構成力」

(C)2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.

『ターミネーター』はなぜ古びない?時代を超越する「恐怖」と「構成力」


「映像」と「言語」を等価に扱うキャメロン監督



 ここまで、『ターミネーター』の「設定」や「キャラクター」について紹介してきた。最後は、「演出」について考えたい。


 ジェームズ・キャメロン監督のセンスを一言で言い表すのはなかなか難しいが、1つ確実に言えるのは、「映像での説明」と「セリフでの説明」の使い分けが絶妙だということ。


 例えば、冒頭T-800が1984年にタイムスリップしてきたシーンでは、「街を見下ろす高台に全裸の男が立っている」という強烈なビジュアルで押しきり、セリフ的な説明を一切省いている。


 逆に中盤、T-800から人類の救世主の母サラ・コナーを守るべく、未来から彼を追いかけてきた人間の戦士カイル・リース(マイケル・ビーン)が警察に取り調べを受けるシーンでは、セリフでこれまでの疑問点を一気に説明。映像と言葉を「情報」として同列に扱えるのは、キャメロン監督の比類なき才能だ。



(C)2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. 


 ちなみに、取り調べのシーンは時間軸的にT-800が追いかけてくる最中の出来事であり、観客としてもド派手なアクションの連続で少し休みたいところだろう。そのような気配りも上手く、作品の緩急に合わせて息継ぎをしていけば、テンションを保ったまま完走できる。


 同じような演出はベッドシーンにもいえ、T-800を物理的に遠ざけてから、愛し合うサラとカイル、迫りくるT-800を同時並行で描いている。「気づいたらいる」ご都合主義的な流れではなく、移動時間をちゃんと設けて作品に真実味を付加し、同時に物語の補足とキャラクターの説明を処理している。


 T-800の恐ろしさは常に「動」のキャラクターであることであり、物語の展開を優先して立ち止まらせてしまうと“凄み”は半減する。キャメロン監督の卓越した構成力は、T-800をスピードダウンさせることがない。


 また、キャラクターの転がし方も秀逸だ。


 『ターミネーター』には大きく分けて、4つの視点が存在する。①「T-800」②「サラ」③「カイル」④「警察」だ。キャメロン監督は、それぞれの動きを同時進行で示し、「追う者」と「追われる者」が織りなすスリルを丁寧に描写する。


 さらに、物語の進行に合わせてバラバラだった4者を近づけていくことで、観客のピントをぐっと狭めていく。序盤では①VS②VS③VS④だったのが、中盤では①VS②③④、最終的には①VS②と対立構造がスライドしていくにつれ、意識が分散することがなくなり、没入度が気づかぬうちに高められている。



(C)2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. 


 状況をどう観客に提示して、そのうえでカタルシスを感じさせるか。この点において、キャメロン監督の演出は実に明快だ。


 映像の革命者のイメージが強い彼だが、真に驚嘆するべきは「映像の言語化」、つまり「映像」と「セリフ」を等価に扱い、自在にバランスを整えられる点にあるのかもしれない。そして、その“出し入れ”を観客に一切気づかせないキャメロン監督の技には脱帽だ。


 今回は『ターミネーター』の“側(がわ)”の部分に絞って考察してきたが、視点を変えれば、まだまだ無限に語ることができるだろう。尽きることのないアイデアの宝庫、鮮烈なインパクトを与える映像演出、教科書のように精緻な脚本術……やはりこの映画は、人類の「義務教育」で間違いない。



文: SYO

1987年生。東京学芸大学卒業後、映画雑誌編集プロダクション・映画情報サイト勤務を経て映画ライターに。インタビュー・レビュー・コラム・イベント出演・推薦コメント等、幅広く手がける。「CINEMORE」「FRIDAYデジタル」「Fan's Voice」「映画.com」等に寄稿。Twitter「syocinema」



今すぐ観る


作品情報を見る





『ターミネーター』

ブルーレイ 発売中 ¥5,695+税

20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

(C)2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. 

PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ターミネーター
  4. 『ターミネーター』はなぜ古びない?時代を超越する「恐怖」と「構成力」