1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ディープ・インパクト
  4. 『ディープ・インパクト』SFの域を超える感動の衝撃波が生まれた背景とは
『ディープ・インパクト』SFの域を超える感動の衝撃波が生まれた背景とは

(c)Photofest / Getty Images

『ディープ・インパクト』SFの域を超える感動の衝撃波が生まれた背景とは


Index


世紀末に公開された彗星パニック映画



 1998年、よく似たタイプの2本の映画が劇場公開された。


 どちらも地球に小惑星や彗星が接近して、人類滅亡の危機に瀕するというストーリー。その絶望的な運命の中、一方の作品では屈強な男たちが惑星に降り立って突貫工事を行い、もう一方では、宇宙ミッションと並行して、涙無くして見られない群像劇が地球上にて展開する――――。


 かくも『アルマゲドン』と『ディープ・インパクト』は同じ題材を扱いながら、その調理の仕方、アウトプットの形は根本的に異なるものとなった。



 当時、学生だった私の周囲では、「どっちが好きか?」の問いに『アルマゲドン』と答える人の数が圧倒的に多かった。『ディープ・インパクト』派だった私はいささか肩身の狭い思いをしていたものの、卒業して社会へ出ると『ディープ・インパクト』を愛する人も意外と多いことに気づかされ、少し心が安らいだものだ。


 確かに『アルマゲドン』に比べるとスケールが小さい。(製作費は約2倍くらい差がある)。特殊効果も地味かもしれない。だが『ディープ・インパクト』には、本作にしかない”良さ”がある。何よりもそこに広がる人間模様は何度見ても嗚咽しそうなほどだ。SF超大作として異色とも言えるこのヒューマンドラマは、一体どのようにして生み出されたのか。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ディープ・インパクト
  4. 『ディープ・インパクト』SFの域を超える感動の衝撃波が生まれた背景とは