1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ダンテズ・ピーク
  4. 『ダンテズ・ピーク』CG未発達の時代に、迫力のディザスターシーンはどう作られたか?(後編)
『ダンテズ・ピーク』CG未発達の時代に、迫力のディザスターシーンはどう作られたか?(後編)

(c)Photofest / Getty Images

『ダンテズ・ピーク』CG未発達の時代に、迫力のディザスターシーンはどう作られたか?(後編)

PAGES


 前編に続き、火山災害に真面目に取り組んだ映画である、『ダンテズ・ピーク』(97)について語る。今回は、撮影の舞台裏に関して述べる。 ※前編はこちらから


Index


ロケ地はアイダホ州のウォレス



 体育館で緊急避難の説明会を行っていた火山学者のハリー・ダルトン(ピアース・ブロスナン)は、町長のレイチェル・ワンダ(リンダ・ハミルトン)と共に脱出すると、すでに町はパニック状態だった。大きな地震で役場や教会堂が倒壊し、唯一の幹線道路だったフリーウェイも崩落する。


 製作総指揮のイロナ・ハーツバーグは、『逃亡者』(93)を手掛けたプロダクションデザイナーのデニス・ワシントンや、ロケーションスカウト担当のケン・ルバインらと共に、撮影の候補地を探して回った。そして条件に最適と考えられたのが、アイダホ州のウォレスだった。かつては鉱山で栄えたが、今は閑散としており、レンガ造りの古い建造物も残っていた。何より周囲を山脈に囲まれ、マットペインティングの手間が省ける。加えてストーリー上必要な、州間高速道路90号線の高架橋が町の真ん中を走っていた。



『ダンテズ・ピーク』(c)Photofest / Getty Images


 ハーツバーグは、「8週間に及ぶロケ撮影が終了するまで、幹線道路を閉鎖するため交通路を変更し、住民には一時的に住まいを移してもらい、一面に灰を撒くなどしますが大丈夫ですか?」(Cinefex, No.69, March 1997に掲載された、製作総指揮のイロナ・ハーツバーグの発言より)と、地元のフィルムコミッションに確認した。だが彼らは、「長期ロケは『天国の門』(81)で経験があるし、灰はセント・ヘレンズ山の噴火で実際に経験しているから、後始末さえきちんとしてくれれば構わない」という、非常に好意的な回答を得た。


 ワシントンは、さびれた町を活気ある様子にするため、実際の商店にオーニングテントを取り付け、閉まっている店舗にも商品や広告をデコレーションし、さらに街路樹も植えていった。そして建造物の倒壊シーンをリアルにするために、レンガのような実際の建材を用いて、町役場など既存の建物を拡張していった。撮影が始まってからも町民は非常に協力的で、開拓時代祭り、授賞式、体育館での全町総会などは、実際のウォレス市民がエキストラとして参加している。またパニックシーンにおいても、危険な場面はプロのスタントマンが演じているが、その背景にいる人々は市民が出演した。




PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. ダンテズ・ピーク
  4. 『ダンテズ・ピーク』CG未発達の時代に、迫力のディザスターシーンはどう作られたか?(後編)