1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 12モンキーズ
  4. 『12モンキーズ』ブルース・ウィリスとブラッド・ピットが格安ギャラで身を投じた、奇想天外なギリアム・ワールド
『12モンキーズ』ブルース・ウィリスとブラッド・ピットが格安ギャラで身を投じた、奇想天外なギリアム・ワールド

『12モンキーズ』ブルース・ウィリスとブラッド・ピットが格安ギャラで身を投じた、奇想天外なギリアム・ワールド

PAGES


“もっともセクシーな男”から、ケツ出し、ハイテンション男へ



 対するブラッド・ピットは、この時期に「People」誌で「最もセクシーな男」に選出され、『リバー・ランズ・スルー・イット』(92)、『レジェンド・オブ・フォール』(94)、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(94)と、いわゆる”ブラピ像”を定着させるヒット作が順調に続いていた。


 そして賢明な彼は、同様のオファーが殺到していたであろうこのタイミングに、キャリアの決定打となる『セブン』(95)への出演を決め、なおかつ彼もウィリスと同様、「ぜひギリアムと一緒に仕事がしたい!」とラブコールを送っていた。


 もともとはウィリスが演じた主人公コール役を希望していた彼だが、ギリアムは「コール役はもっと歳を重ねた俳優じゃなきゃダメだ」と一蹴。代わりに奇妙奇天烈なジェフリー役を提示することとなる。ブラピもすぐに思考を切り替えて、この役を受けることを承諾。かくして、かつてないほどハイテンションな役柄への挑戦が始まった。


 実生活では物静かなことで知られるブラピはこの正反対の役柄を演じるにあたり、ボイス・コーチについて舌と唇を鍛え上げてギリアムが望む独特のアクセントを習得していったという。


 だが問題も生じた。ブラピに本当にこの演技ができるのか懐疑的だったギリアムはその成長ぶりをテープに録って随時送るように指示していたのに、ブラピはこの要請を無視。その間、互いに意思疎通が取れないまま時間だけが過ぎていき、ギリアムは不安と怒りで頭に血が上ったという(ギリアムは激昂することが多いらしいが、それは誰かを糾弾するのではなく、むしろイラ立ちや不安からくるものらしい)。




 実はこのトレーニング期間は、ブラピが『セブン』の撮影をこなしていた時期とも重なる(テープを送れないのも当然だ)。一方で魂を削りながらトラウマ級サスペンスの主人公に身を投じ、またその一方で、世にも奇妙なハイテンション男になりきるための滑舌の特訓を受けていたわけなのだ。


 いよいよ『12モンキーズ』の撮影が迫って現場に現れたブラピは、ギリアムの心配をよそに、ジェフリー役を完璧に乗りこなしてみせたという。そこから彼に絶大な信頼を寄せるようになったギリアムは、この若きスターに俳優としての大いなる自信を与え、なおかつ自らアイディアを提案する楽しさを教えた。その結果、彼は自分の髪を積極的に不揃いな形に切ったり、演技のためにハイテンションでケツを出したり・・・「もっともセクシーな男」から何万光年もかけ離れたアイディアを果敢に提示するようになっていったという。


 結果、この演技によって彼はゴールデン・グローブ賞(助演男優賞)を受賞。さらにアカデミー賞でも初の候補入りするに至った。こうしてギリアム流のブートキャンプを経て、ブラピもまたこれまでとは全く違った異色俳優へと急成長を遂げることができたのである。



PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. 12モンキーズ
  4. 『12モンキーズ』ブルース・ウィリスとブラッド・ピットが格安ギャラで身を投じた、奇想天外なギリアム・ワールド