1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. オーシャンズ11
  4. 『オーシャンズ11』インディーズの鬼才スティーヴン・ソダーバーグとハリウッドの大物が生んだオールスター映画
『オーシャンズ11』インディーズの鬼才スティーヴン・ソダーバーグとハリウッドの大物が生んだオールスター映画

『オーシャンズ11』インディーズの鬼才スティーヴン・ソダーバーグとハリウッドの大物が生んだオールスター映画


最大のライバルは『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』だった!?



 ウィルソン兄弟はもちろん、ケンカばかりしているマロイ兄弟役の候補だったが、ウェス・アンダーソン監督の『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(01)を優先して役を降りている。


 ちなみにバーニー・マックが演じたカジノディーラーのフランクは『リーサル・ウェポン』(87〜98)シリーズのダニー・グローバーが第一候補だった。しかしこれまた『ロイヤル・テネンバウムズ』に出演する兼ね合いで降板。ビル・マーレイがラウンジシンガー役でカメオ出演する話もあったらしいが、『ロイヤル・テネンバウムズ』の撮影でスケジュールが合わず立ち消えになったという。



 ウィルソン兄弟を失った後、ソダーバーグは映画監督のコーエン兄弟にも出演をオファーしたらしい。また『ツイン・フォールズ・アイダホ』(99)の脚本、主演を務めたマイケルとマークのポーリッシュ兄弟が候補になっているという噂もあった。しかし最終的には本物の兄弟にこだわることをやめて、後に『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(16)でアカデミー主演男優賞に輝くケイシー・アフレックと、『ゴッドファーザー』(72)のジェームズ・カーンの息子スコット・カーンに決まった。ちなみにマロイ兄弟の名前がバージルとタークなのは、『ゴッドファーザー』に登場したギャング、バージル・“ターク”ソロッツォに由来している。




 アラン・アーキンは老詐欺師のソール・ブルームを演じるはずだったが、撮影直前に降板を余儀なくされて、プロデューサーのジェリー・ワイントローブが旧知の俳優/映画監督のカール・ライナーに声をかけた。ライナーに決まったのは撮影開始のわずか五日前だったという。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. 映画
  3. オーシャンズ11
  4. 『オーシャンズ11』インディーズの鬼才スティーヴン・ソダーバーグとハリウッドの大物が生んだオールスター映画