1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. ハリウッドきってのパンク系映画作家、デヴィッド・フィンチャー監督作品まとめ
ハリウッドきってのパンク系映画作家、デヴィッド・フィンチャー監督作品まとめ

ハリウッドきってのパンク系映画作家、デヴィッド・フィンチャー監督作品まとめ

PAGES


デヴィッド・フィンチャー作品まとめ(2011~2020)





9.『ドラゴン・タトゥーの女』(11)158分


(c) 2011 Columbia Pictures Industries, Inc. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.


スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー小説『ミレニアム』の映画化。すでに本国スウェーデン版があったにも関わらず、フィンチャーはハリウッドの面目にかけて、一回りも二回りもクオリティーを上回る作品にブラッシュアップ。


『007』シリーズとは180度異なり、頼りにならないジャーナリストを演じるダニエル・クレイグが可愛い。『デッドプール』(16)のティム・ミラーがクリエイティブ・ディレクターを務めた、不穏極まりないオープニング・タイトルにも注目。




もっと詳しく!: 『ドラゴン・タトゥーの女』女性が男性優位社会を打ち砕く、痛快なフェミニズム的寓話


『ドラゴン・タトゥーの女』を無料で観る!「u-next」今なら31日間無料




10.『ゴーン・ガール』(14)149分


(C)2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.


結婚5年目に失踪した妻を捜す夫が、警察から妻殺害の疑いをかけられてしまうという、ギリアン・フリンによる同名小説を映画化したサイコスリラー。…と思いきや、その正体は全世界のカップル必見の「円満な結婚生活を営むための指南ムービー」。


フィンチャーの語りの技術は円熟の極みに達し、一部の隙もない作品に磨き上げている。13ポンドもの体重を増減させ、人形相手にセックスシーンを練習したという、ロザムンド・パイクの圧倒的演技に恐れおののくべし。


もっと詳しく!: 『ゴーン・ガール』円満な結婚生活を営むための指南ムービー(サイコ・サスペンス風味)※注!ネタバレ含みます。


『ゴーン・ガール』を無料で観る!「u-next」今なら31日間無料




11.『Mank/マンク』(20)132分


NETFLIX 


 “現代の『市民ケーン』”ともいうべき『ソーシャル・ネットワーク』を世に放ったフィンチャーが、今度は本当に『市民ケーン』の内幕を描いたNetflixオリジナル映画。歴史的傑作を手がけた脚本家ハーマン・J・マンキーウィッツの視点を通して、天才オーソン・ウェルズとの対立、女優マリオン・デイヴィスとの密やかな友情、そして当時の政治背景が語られる。40年代風アメリカ映画のルックを完全に再現したモノクロ映像は、もはや匠の域。シナリオは、フィンチャーの亡き父親ジャックの手によるもの。


もっと詳しく!: 『Mank/マンク』フィンチャー親子がハーマン・J・マンキウィッツに託したものとは?


『Mank/マンク』をNetflixで観る!








『ハウス・オブ・カード 野望の階段』(13-18)や『マインドハンター』(17~)など、近年フィンチャーは映画とは距離を置いてNetflixオリジナルドラマに軸足を移している。『ゴーン・ガール』以来6年ぶりの新作映画『マンク』も、Netflix製作作品だ。処女作『エイリアン3』でスタジオとケンカしまくったフィンチャーにとって、作家主義を保証してくれるNetflixは、自分のクリエイティビティーを最大限発揮できる場所なのだろう。 


これからも彼のパンクなクリエイティブ・ライフに要注目である。



文: 竹島ルイ

ヒットガールに蹴られたい、ポップカルチャー系ライター。WEBマガジン「POP MASTER」主宰。


PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. ハリウッドきってのパンク系映画作家、デヴィッド・フィンチャー監督作品まとめ