1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 『るろうに剣心』驚異のアクションで漫画実写化に革命を起こした、大人気シリーズ!
『るろうに剣心』驚異のアクションで漫画実写化に革命を起こした、大人気シリーズ!

(c)和月伸宏/集英社 ©2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

『るろうに剣心』驚異のアクションで漫画実写化に革命を起こした、大人気シリーズ!


Index


シリーズ累計興行収入は125億円に到達



あまねく日本映画の超大作の中でも、最大級に名の通ったメガヒットシリーズ。それが『るろうに剣心』だ。


ドラマ・映画と展開した『ハゲタカ』(07/09)シリーズ、NHK大河ドラマ『龍馬伝』(10)で高い実力を示した名匠・大友啓史監督がメガホンをとり、本作を契機に、当代きっての人気俳優へと上り詰めた佐藤健が主演を務める。アクション監督に、ドニー・イェンの右腕として知られる谷垣健治を招聘。和月伸宏による原作漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」は、シリーズ累計発行部数7,200万部を超える(電子版含む)。最強のコンテンツに、ハイレベルなスタッフ・キャストを揃えた盤石の布陣が敷かれた。


漫画の実写化作品は、原作のイメージが念頭にあるがゆえに、その実写化にはネガティブなイメージをもたれる場合も多いが、本シリーズに関しては、原作ファンの多くも納得の完成度を誇り、興行収入・評価と共に、他の追随を許さない。現在公開されている3作品合計の累計興行収入は約125億円と、名実ともに大成功を収めている。


本来であれば、2020年の7月と8月に、最終章である第4作『るろうに剣心 最終章 The Final』と第5作『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が連続公開され、列島を熱狂に包んだことだろう。しかし、新型コロナウイルスの影響により、公開時期は翌年のゴールデンウイークにまでずれ込んでしまった。ヒットを約束された作品がゆえの苦渋の決断といえるが、約6年ぶりの新作ということもあり、公開を待ち望んでいたファンの絶望は大きかったのではないか。


そこで今回は、2012年に公開された第1作『るろうに剣心』から最新作に至るまでの歩みをたどる全作品レビューをお届けする。新作を、今夏劇場で観られない事実は変わらないが、ひとつの“つなぎ”として楽しんでいただければ幸いだ。



PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

counter
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 『るろうに剣心』驚異のアクションで漫画実写化に革命を起こした、大人気シリーズ!