1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。
大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。

(c)Photofest / Getty Images

大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。

PAGES




第3位:『ワイルド・スピードEURO MISSION』(13)  監督:ジャスティン・リン 131分


ラストのクリフハンガーで最強の敵を投入した充実作!


4~6作目が「レティの不在」三部作とするなら、最後を飾ったのが『EURO MISSION』。実は生きていて犯罪集団の一員になっていることを知ったドミニクと仲間たちが、記憶喪失に陥っているレティを奪還するためにヨーロッパに乗り込む。なんとレティ役のミシェル・ロドリゲスもレティの復活を知らされておらず、前作『MEGA MAX』を劇場に観に行って驚いたという。


本作では、前作『MEGA MAX』で上がりまくったハードルを超えるべく、カーチェイスが売りの犯罪アクションというそれまでの大看板から方向転換を図っており、カーチェイスがメインディッシュではあるものの、「007」や「ミッション:インポッシブル」シリーズのようなオールラウンドなアクション超大作へと舵を切った。


特に強化されたのが格闘アクションで、ホブスの部下ライリーに『エージェント・マロリー』(12)に主演した総合格闘技出身のジーナ・カラーノ、敵のオーウェン・ショウ(ルーク・エヴァンズ)の配下に元インドネシア代表の柔道選手で『ザ・レイド』(11)でSWAT隊の隊長を演じたジョー・タスリムを配するなど、飛び抜けた身体能力を持つ“本物”をキャスティング。併せてレギュラー陣も激しいスタントに挑戦するようになり、ミシェル・ロドリゲスとジーナ・カラーノの絞め技バトルや、ハンとローマンが二人がかりでもまったく敵わないジャー(タスリム)の圧倒的な強さなど、敵味方問わず登場人物の多くに見せ場が用意されているのもいい。


また、前述した高速道路でのドミニクのダイブや、ハンを信用して愛しているからこそのジゼルの捨て身な戦い方など、エモーショナルな感動要素とアクションとが密接に結びついているのが素晴らしい。


そして、『MAX』以降続いていたハンの「次は東京に行く行く詐欺」についに終止符が打たれたことは、ファンの胸をかきむしる展開だった。『TOKYO DRIFT』でも書いたが、ハンは渋谷のスクランブル交差点付近でカークラッシュして絶命している。つまり『MAX』『MEGA MAX』『EURO MISSION』は、時系列で言えば『TOKYO DRIFT』より前のお話であり、ハンが本当に東京に行ってしまうと、明らかに死の運命が待ち受けているのである。


『EURO MISSION』のラストで愛するジゼルを失ったハンは、ひとり東京へと向かい、クラッシュ事故で亡くなってしまう。しかも事故を引き起こしたのは、実はチーム・トレットに恨みを抱くデッカード・ショウ(ステイサム)だったという衝撃の事実が明かされて幕となる。何度も満腹になるようなカロリーの高いクライマックスをいくつも作っておいて、最後の最後に「すぐに続きを見せてくれ!」と叫ばせてしまう、シリーズでも屈指のクリフハンガーである。


『ワイルド・スピードEURO MISSION』を無料で観る!「u-next」今なら31日間無料

『ワイルド・スピードEURO MISSION』を無料で観る!「hulu」今なら2週間無料




PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。