1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。
大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。

(c)Photofest / Getty Images

大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。

PAGES




第2位:『ワイルド・スピードSKY MISSION』(15)  監督:ジェームズ・ワン 140分


感涙必至、ポール・ウォーカー=ブライアンへの最高のさよなら


シリーズ復活の重要人物だったジャスティン・リンが離脱し、ジェームズ・ワンが監督に就任した7作目。非常に人気の高い作品だが、演出面には少々不満がある。アクションの規模はますます大きくなったが、ビジュアル的な見せ場が主体となり、ジャスティン・リン時代のアクションの頂点とエモーショナルなカタルシスがピタリとシンクロする快楽は減じてしまったように感じるからだ。


とはいえアクションシーンはどれも非常によくできている。前作のジーナ・カラーノやジョー・タスリムに続いて今回は『マッハ!!!!!!!!』のムエタイ達人トニー・ジャーを投入。キャスト陣の“ハゲ”度が増すにつれて目立たないイケメンと化していたブライアンにも超絶アクションが用意されており、ブライアン復権の狼煙を感じただけに、ポール・ウォーカーの突然の事故死はいまだに飲み込めないでいる。


全体的にコメディ色が強まっているが、本格的に牙を向いて襲ってくるデッカード・ショウが「ワイスピ」では珍しい愛嬌のある敵キャラとして機能しているのは、ジェイソン・ステイサムの持ち味のおかげでもある。序盤の必殺技ロックボトムまで繰り出すロック様との対決シーンは、もはや「ワイスピ」の枠を超えた異種格闘技戦。この時点で『スーパーコンボ』が生まれる未来は約束されていたのかも知れない。


そして『SKY MISSION』を語らずにはいられないのが、撮影中に亡くなってしまったポール・ウォーカーに別れを告げるあまりにも美しいラストシーン。正直、作品中ではトーンが完全に違っていて、もはや本編とは分けて評価すべきだという気もしているのだが、現実とフィクション、あの世とこの世の境目にある夢幻の境地に誘ってくれただけでも、『SKY MISSION』の傑作認定は永遠に揺るがない。


『ワイルド・スピードSKY MISSION』を無料で観る!「u-next」今なら31日間無料

『ワイルド・スピードSKY MISSION』を無料で観る!「hulu」今なら2週間無料




PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。