1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。
大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。

(c)Photofest / Getty Images

大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。

PAGES




第1位:『ワイルド・スピードMEGA MAX』(11)  監督:ジャスティン・リン 132分


シリーズのその後を決定づけた横綱的大傑作エンタメ


シリーズ第五作にして、過去の「ワイスピ」をすべて肯定し、同時にその後の「ワイスピ」の方向性を決定づけた大傑作。正直、二作目以降の「ワイスピ」は誰が見ても迷走を続けていた。


『MEGA MAX』が試み、そして成功したのは、現実世界でのこれまでのゴタゴタも、過去に生まれた4作もすべて否定することなく、明るい未来像を提示したことにある。噛み砕いて言うと、『MEGA MAX』は過去にバラバラに登場していたメインキャラが一堂に会するお祭りムービーであり、「これまでに関わってきたのは全員ワイスピ・ファミリーであります!」と宣言する力強いステートメントだったのだ。当然ながら「ワイスピ」シリーズが内包する疑似家族というコンセプトにもみごとに合致している。


そして同時に推進されたのが大幅なスケールアップ。序盤の断崖絶壁からのダイブ、リオデジャネイロのファベーラ(スラム街)を賭け回る命がけのチェイス、あまりの力技に圧倒されるクライマックスの巨大金庫引きずりチェイスなど、息を呑まずいられない仰天アクションが目白押しだ。ドウェイン・ジョンソン扮するホブス捜査官が初登場したのも本作で、ヴィン・ディーゼルとロック様の巨漢同士のケンカ対決は怪獣映画にも似た興奮がある。


方向転換といえば、チーム・トレットの犯罪計画が「悪を懲らしめる」という爽快さを手に入れたのも本作が初。仲間たちを結集させて、極悪非道な悪党から巨大金庫を盗み出すという物語は、ケチな強盗団だったチーム・トレットを“義賊”に変えた。最近では正義の味方感が強まりすぎている感があるとはいえ、『MAGA MAX』が痛快無比なエンタメとして完璧だったからこそ、現在の「ワイスピ」シリーズの興隆があるのだ。


そして『X2』のエヴァ・メンデスが一瞬だけ再登場して、「幽霊を信じる?」とホブスに死んだはずのレティの写真を差し出すラストのつかみも最強。筆者はあの瞬間に「このシリーズにずっと付いていきます!」と全面降伏した。シンプルなカーアクションだった初期を懐かしむ声もわかるのだが、五作目が一番面白いと思わせただけでも、数あるシリーズ物が成し得なかった映画史に残る偉業ではないだろうか。


『ワイルド・スピードMEGA MAX』を無料で観る!「u-next」今なら31日間無料

『ワイルド・スピードMEGA MAX』を無料で観る!「hulu」今なら2週間無料




PAGES

この記事をシェア

メールマガジン登録
  1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 大ヒットシリーズ『ワイルド・スピード』全9作品を勝手にランキング!サーガの終わりと新たな始まりが見えてきた! ※注!ネタバレ含みます。