1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 突き抜けた作家性とメガヒットを両立させる鬼才クリストファー・ノーラン監督作品まとめ
突き抜けた作家性とメガヒットを両立させる鬼才クリストファー・ノーラン監督作品まとめ

突き抜けた作家性とメガヒットを両立させる鬼才クリストファー・ノーラン監督作品まとめ




8.『ダークナイト ライジング』(12) 165分


「ダークナイト・トリロジー」の完結編。新たな敵ベイン(トム・ハーディ)に背骨を折られ、ヒーロー生命を絶たれたバットマン(クリスチャン・ベール)が、キャットウーマン(アン・ハサウェイ)らの協力を得て、再起を図る姿がドラマティックに描かれる。


ノーラン作品は長尺で知られているが、完結編にふさわしく2時間45分の超大作となっている。『ダークナイト』はマイケル・マン監督の『ヒート』(95)の影響を受けているが、本作はチャールズ・ディケンズの小説「二都物語」から着想を得たとのこと。ベインの策略によって恐怖政治が敷かれ、ゴッサム・シティは崩壊。シリーズ最大の危機が訪れるなか、バットマンは再び平和を取り戻せるのか。


空中で飛行機が半壊する、アメフトのスタジアムが陥没する、橋が落ちる、バットマンの戦闘機「ザ・バット」が空を飛ぶなど、ド派手なシーンが畳みかける本作。これまで以上に「市民」に焦点が当てられており、大規模な市街戦と乱闘など、「社会」全体がどう変容していくのか、がじっくりと描かれている点が特徴だ。


これまでは夜のシーンが多かったが、本作では日中のシーンが増えているのも注目したい。「闇の騎士(ダークナイト)」が、前作でハービーがなれなかった「光の騎士」へと成長していく姿が示唆されている。原題の『The Dark Knight Rises』ともリンクした、見事な演出だ。


これまでは単独行動が多かったバットマンに、キャットウーマンという“相方”ができることで、ふたりの掛け合いなどの「バディもの」としての面白さも、新たに生まれた。また、『バットマン』シリーズのファンには嬉しい仕掛けも、随所に施されている。


「夜明け前は最も暗い」などの名言も多い本作だが、バットマンがゴードン(ゲイリー・オールドマン)に最後にかけるセリフは、シリーズ全体を総括したものになっており、実に感動的だ。


『ダークナイト ライジング』を無料で観る!「u-next」今なら31日間無料

『ダークナイト ライジング』を無料で観る!「hulu」今なら2週間無料




PAGES

この記事をシェア

公式SNSをフォロー

  1. CINEMORE(シネモア)
  2. NEWS/特集
  3. 突き抜けた作家性とメガヒットを両立させる鬼才クリストファー・ノーラン監督作品まとめ